最も21に近い方が勝ち

最も21に近い方が勝ち

引き分けだった場合掛け金はそのまま返ってきます。ゲームはプレイヤーが自分のチップを決める事からスタートします。

つまりブラックジャックについてはディーラーはプレーに関して自由に選択や意思決定が出来ないのです。ルールに従い機械的にカードを配る形デス。

そのためプレイヤーからすると、12も16もおなじ強さの手という事になります。配られたカードの合計が21を超えない範囲でどれよりも21に眉睫方が勝ちになります。

参加してるプレイヤー全員の遣り取りが完了した時点で、ディーラーは自分の裏向きに伏せたカードを表に向けて、ディーラー自身の手を公開。こうしてディーラーの手が確定をすると、あとは各プレイヤーとディーラーの手を比較して勝ち負けと精算が行われます。

ブラックジャックはディーラーとプレイヤーがHANDという手の良し悪しで勝負を決めるゲームです。また、17以上となった時点でディーラーは新たにカードを引くことは出来ません。

この時のディーラーの手の合計が16次だと17以上になるまでカードを引き続けなければいけません。カードの配り方はルールによって決まっているため、ディーラーの手は17、18、19、20、21、22以上の6通りのみです。

配り方としてはカード2枚を各プレイヤーに表向きに配り、その後ディーラー自身へは1枚を表向き、とっくに1枚を裏向きの伏せた形にして配ります。ディーラーに配られた表向きのカードをアップカード、裏向きのカードをホールカードと呼びます。


ホーム RSS購読 サイトマップ