300年以上という長い歴史があるゲーム

300年以上という長い歴史があるゲーム

賭けでおさえてる数字と倍率を掛け合わせて36になるようになってます。このため控除率が27%となっていて、控除率が5.26%とあるアメリカン型に比較するとプレイヤーに有利に出来ています。

ルーレットというゲームには300年以上という長たらしい歴史があります。基本的には確率であったり、ディーラーの腕前で勝率が左右されますが、オンラインカジノにおいては基本的には確率です。

カジノ女王とも呼ばれていて、カジノといえばルーレットを思い浮かべる方も多端のではないでしょうか。ただしあまりいろいろな賭け方し過ぎてしまうと効率が悪くなるので注意が必要デス。

ルーレットは数字の書かれたホイールを回転させ、そこに投入された玉がどこに落ちるのかを予測して当てる、という非常にシンプルなゲームです。ヨーロピアンタイプのホイールの場合、この00(ゼロゼロ)がないため、カジノ側の総取りとなるのは0(ゼロ)のときのみとなります。

そのルーレットですが、必勝の手段が存在をしないゲームです。たとえば赤/黒に賭けた場合、おさえてる数字は18ありますので、36歎18=2というわけで2倍の配当になります。

インターカジノなどでは、ヨーロピアン・アメリカンどちらのルーレットホイールも用意されていますから、プレイされる際にはヨーロピアンを選ばれる方が確率的には何よりのと思います。カジノの代表伝統的なゲームで映画にも良くそのシーンが出てきますね。

賭け方によって配当が変わります。賭け方はレイアウトとよばれるグリーンのクロスにチップを置いて賭けます。

ルーレットの大切なルールのなかに「0(ゼロ)か00(ゼロゼロ)が出ると親(オンラインカジノ側)の総取りになる」というものがあります。ルーレットの賭け方の特徴としては何通りもの賭け方があるという事です。


ホーム RSS購読 サイトマップ